オウンドメディア運営で成功する為の4つのポイント

 

ターゲットとSEOを意識したコンテンツの制作

最終的な目標やターゲットとなるユーザーなどを設定し、ユーザーにとって有益なコンテンツを制作したとしても、そのコンテンツをユーザーが見つけられなければ、集客さえも望めません。
集客・顧客育成のため、検索上位の表示を実現するため、やはりSEO対策は不可欠。
ユーザーのニーズを分析することはもちろん、記事ごとに設定する関連キーワードを決定するなど、クオリティと信頼性が高いコンテンツ制作を重視します。
ちなみに、キーワードの選定には、「キーワードファインダー」といった、関連キーワードを自動取得するツールを利用することがおすすめです。

 

SNSや他の媒体での情報拡散

WEBマーケティングでオウンドメディアが有効的とはいえ、それだけに留めておくのは宝の持ち腐れというもの。
SNSや他の媒体と併用することで、集客率も高められていきます。
特に、FacebookやTwitterなどのSNSは、スピーディな情報拡散が特徴的。
オウンドメディアとはまた違った特性を持つSNSを積極的に活用することは、外部SEO対策にもなり、さらに多くの顧客獲得に繋がります。
ちなみに、オウンドメディアに投稿後、コンテンツをマルチプルに活用する例では、

・公式ブログ、社員や社長のブログでの投稿
・SNS投稿
・メルマガ投稿
・印刷して発送
・営業資料として活用
などが挙げられます。

 

常に分析と計測を実行

オウンドメディアを運営する上でのデメリットにも記しましたが、オウンドメディアによる効果には即効性が望めません。
関連キーワードなどを分析、コンテンツのクオリティを高めていく上で、検索順位に変化も起こりうるため、定期的に公開ページのセッション数やCV(コンバージョン)をチェックし、必要に応じてコンテンツをリライトしたり、拡散にSNSを利用したりすることが重要です。

 

ECモールの活用

とにかく時間とコストを抑えつつスピーディな成果を得るなど、まずはデメリットをメリットに変えるオウンドメディアを試したい企業も少なくないはず。
この場合の選択肢として、1つのWEBサイトで複数の店舗を集中させた「ECモール」も、リーズナブルなスタートができておすすめです。
そのサイト構築には、ベースが提供されるため、テナント料に加え決済手数料などの発生はあるものの、自社サイトを一から始めるよりも時間やコストはしっかりと抑えられます。
また、独立型のECサイトとは違い、ECモールには既に多数のユーザーを抱えているため、スタート時から集客が確立されていると言えます。

>>オウンドメディアで失敗しない為には