オウンドメディアは専門家の下で制作するのがベスト

 

オウンドメディア構築に関わるチーム編成の重要性

オウンドメディアを効率よく継続させるためには、それぞれの業務において最適な担当者を配置し、負担を分散、運営していくことが大切です。
そのポジションには、紙媒体の運営と同様、編集者や校閲者、ライターなどが必要になります。
社内で探すとなれば、WEB関係を得意とする人、企画力がある人、他の部署との繋がりがあり交渉可能な人、画像や動画も含め編集から制作もできる人などの選出が好ましいと言えます。
しかも、自社のブランドに愛着と理解がある上、信頼できる社内の人だけでチーム編成をすれば、外注するよりもコストは抑えられ、クオリティが高いオウンドメディアが構築されるはずと誰もが考えるのではないでしょうか。
ですが、社内のオウンドメディア未経験者が立ち上げた場合、残念ながら失敗することがほとんど。
オウンドメディアの構築には長期間を要しますから、最終的に失敗となっても、既にかなりの人件費がかかってしまうことになるのです。
その証拠に、オウンドメディアで成功を収めた企業の多くは、その構築・運営を専門業者に依頼しています。
契約条件にもよりますが、専門家が揃っている外注では、企画やコンテンツ制作などトータルでとても効率よくスピーディに行ってくれる上、オウンドメディアを成功させ、企業の業績向上に貢献するのです。
もちろん、全てを外注にしなくても、外注を必要とする部分を見極め、それだけを業者へ依頼するという方法もあります。

 

運用を外注する場合のデメリット

外注ではやはりコストが大きなデメリットになるでしょう。
とはいえ、内製の場合も人件費に加え、様々なコストがかかる上、双方の作業期間に違いも出ることから、実際には単純比較はしづらいもの。
そして、オウンドメディア成功後には新たなサービスやメディアへの横展開を望みますが、運用が外注であった場合、社内には、横展開のベースとなるノウハウやデータなどが蓄積されておらず、横展開を諦めなくてはならない可能性があります。
また、企業での活動中に獲得した経験やデータ、専門的知識などがベースとなる一次情報や、ユーザーとの密な繋がりを確保しづらいということも、大きなデメリットと言えます。
一次情報などは、ライバル社よりも有益でオリジナル性溢れる情報として提供でき、オウンドメディアにとって強みになるのですが、外注ではそういったオリジナリティを強調したメディア運用が困難と言わざるを得ません。

 

運用を外注する場合のメリット

とは言っても、デメリットをカバーするメリットもあるのです。
オウンドメディアは企業の発展に必要不可欠と言えますが、必ずしも企業内にWEB専任担当者がいるとは限らず、外注によって、WEBマーケティングにおけるノウハウの補足、有効的で適切なコンテンツの制作、企画編集など、高い専門性を持って運用体制の確立が可能です。
ノウハウ不足であれば、オウンドメディアを立ち上げたものの、アクセス数が伸びない、定期的な更新ができないなど、滞ってしまうことは珍しくないのです。
企業が単独で運用できるほどのノウハウを備えていないのであれば、このメリットはとても大きく影響するでしょう。
そして、社内リソースの問題改善が望めることも大きなメリットです。
前述しましたが、オウンドメディアを成功へと導くための人材確保は、簡単なことではないのです。
たとえ社内にWEBの専門的知識に富んだ人がいたとしても、オウンドメディアだけに従事できるとは限りません。
実際、WEBに詳しい企業であっても、社内のリソースを維持したまま、オウンドメディアの運用の全て、あるいは部分的に外注するというケースは多くあります。
さらに、オウンドメディアの成功に不可欠であるSEOにおいて、常に最先端情報を仕入れており、どのような変化であれスピーディな対応を可能とする専門家に外注することは、企業にとって最大のメリットになります。
また、オリジナリティなメディア運用が困難というデメリットを避けるため、外注先と一次情報などの共有を徹底することも可能です。
そうなれば、専門家によるオウンドメディアの運用体制は最強と言えるのではないでしょうか。

最終的に失敗となるケースも少なくないオウンドメディアの構築・運用は、とにかく検索上位の表示を獲得するのに、長い期間を経て地道に行っていくことが基本です。
外注であれ内製であれ、常にモチベーションを保ちながら、安定した運用の継続を可能にしてこそ、WEBマーケティングで成功を掴む企業と言えるのではないでしょうか。

TOPへ戻る >>為にずむ|オウンドメディア制作・運営サービス