オウンドメディアとは

 

オウンドメディアの定義

オウンドメディア(Owned Media)とは、「所有する」という意味のオウンドにメディア、つまり「自社にて所有する媒体」のこと。
全般的に、ソーシャルメディアやメールマガジン、パンフレットなどの紙媒体も含んでいますが、デジタルマーケティングでのオウンドメディアと言えば、自社ブログやウェブサイトを指すことがほとんどです。

オウンドメディアにて可能にすること

オウンドメディアは、購入などの成果に直結するユーザーの獲得だけではなく、今後成果に繋がる見込みユーザーの獲得を得意としています。
また、企業が直接発信する様々な情報により、顧客の固定化、ロイヤリティの向上に繋げられます。
当然ながら、オウンドメディアによるブランディングへの影響も大きく、企業の全社員がコンテンツマーケティングを重要視することが必要になります。
ちなみに、オウンドメディアの具体的な例としては、

・コーポレートサイト
・サービスサイトやキャンペーンサイト
・社長や社員それぞれによるブログ
・動画やインフォグラフィックスなどのビジュアルコンテンツ
・メールマガジン
などが挙げられます。

オウンドメディアを含む「トリプルメディア」とは?

オウンドメディアに加え、広告費が伴う従来のメディアである「Paid Media(ペイドメディア)」、ユーザーが情報発信源となるソーシャルメディアの「Earned Medeia(アーンドメディア)」という3分類されたメディアの総称を、「トリプルメディア」といいます。
企業が顧客エンゲージメントの最適化に利用するための、それぞれが違った性質を持つ戦略方法ですが、近年の日本では、オウンドメディアをメインとして、アーンドメディアやペイドメディアを関連させた活用が一般的になっています。

 

トリプルメディアから進化した「PESOモデル」

このトリプルメディアに、近年では、日々の著しいアップデートとスピーディな成長を続ける第四メディア、「Shared Media(シェアードメディア)」が加わり、「Paid」、「Earned」、「Owned」、「Shared」の頭文字を合わせた、「PESOモデル」として、ビジネス界に新たな変化を与えています。
元来、シェアードメディアはアーンドメディアの一つとして考えられており、日本においてはトリプルメディアからウェブマーケティング戦略を立案するということが一般的です。
ちなみに、アメリカなど海外では、4種のメディアがそれぞれのメリットを活かしながら相乗効果をもたらすというPESOモデルの活用を求める声が高まっているようです。
こちらでは、オウンドメディアについて記述していきますが、関連した用語として、PESOモデルについても簡単に触れておきました。

>>なぜオウンドディアを運営するのか