当サイト「為にずむ」へようこそ。
当事業サービスとしては、オウンドメディア制作・運営を行っております。

Facebookなど海外版SNSの普及とそのユーザーの増加により、企業のSNS活用がスタート、ソーシャルメディアマーケティングの重要性が高まりました。
しかし近年、ビジネスの向上にソーシャルメディアだけではまだ不十分であることが分かり、企業は「オウンドメディア」をデジタルマーケティング戦略のメインとして利用しています。
企業にとって不可欠な存在である、そのオウンドメディアがどのようなものであるのか、詳しくご説明していきます。

>>オウンドメディアとは

■日常生活の読み物読む為にずむを運営しています。

これまで行って良かった東北の13の温泉を紹介しますの!

フェルメールの作品はまさに大人の知的パズル

【ドイツ生活】カルチャーショックを受けた!日本とドイツの違い8選

好きなことに本気になってみよう!熱中できることがあるのは幸せなこと

IT業界志望者必見!エンジニアに求められる目に見えない3つの能力とは?!

テレワークをスムーズにする3つの心構え【withコロナの働き方】

【超初心者向】Cuisinart(クイジナート)のフードプロセッサー「DLC191J」の使い方

■出会い関連メディア出会い系アプリ為にずむでは男女関係について出会い系の歩き方を紹介しています。

Owned=保有という意味通り、情報発信を自社運営により行う媒体、オウンドメディア。

そのオウンドメディアを構築・運営する企業が増えている昨今ですが、その注目度が高まっている理由は何なのでしょうか。

もちろん、WEB集客に効果的というポイントが挙げられるのですが、オウンドメディアがこれまでのマーケティング戦略よりもビジネス成果に繋がる詳しい理由を、ご紹介していきましょう。

さて、オウンドメディアについて述べてきましたが、運営する上で具体的にはオウンドメディアがどのような変化を企業に与えるのでしょうか。

オウンドメディアの運用には、上記にもある通り、企業にとって多くのメリットをもたらすことになるのですが、同時にデメリットも挙げられます。

では、そんなメリット・デメリットを具体的にご説明していきましょう。

 

オウンドメディアによるコンテンツマーケティングの成果が注目されていることから、その流れを取り入れようとオウンドメディアの運営を始める企業が増えています。

ですが、トレンドに合わせてみたものの、成果どころか検索の上位に表示されることもなく消えてしまったというオウンドメディアが、数多く存在していることも事実。

ということで、失敗例に当てはまらないオウンドメディアの構築を目指すために、その注意点もご紹介していきましょう。

オウンドメディアをどのように制作し、活用していくのかを理解したら、時は金なり、オウンドメディアの構築へとプロセスを踏んで進めていきます。

オウンドメディアというと、まずはコンテンツの作成と考えてしまいそうですが、その前に検討しなくてはいけないことも多くありますから、順序立てて調整していくといいでしょう。

 

>> 特定商取引法に基づく表記