男性向けブログ

セフレのメリット・デメリットを解説!セフレを作りたい人なら知っておきたいポイント

セフレを作るメリット・デメリットを解説!モテ男になるステップ編!
▼現在NO1▼

ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


↓今すぐ簡単に出会えた最新版ランキング↓

性欲を解消したいと思ったら、セフレを作るべきです。
しかし、世間体からすると、セフレは下記のイメージがあります。

  • セフレはできるわけがない
  • 関係が成り立たない
  • 誠実ではない

あくまでも一般的な意見であり、セフレを作る肯定派からすると関係ないこと。

そこで今回は、セフレを作る上でどのようなセフレのメリットがあるのか、解説します!

これからセフレを作りたいと思っている人は、必見ですよ!

この記事を読むとわかること
  • セフレを作ると男性的魅力が高まる
  • セフレは恋愛関係に移行しにくい
  • 最もセフレを作りやすいのはハッピーメール

セフレが欲しいと思っている人へ

セフレを作っていいことはある?

出会い系サイトを利用している人の大半は、大人の関係を目的に登録しています。

ワンナイトで終わる人もいますが、できれば定期的にセックスできる割り切りからセフレにしたいですよね。

セフレ関係になると面倒なこともあるという話を聞くという人もいるでしょうが、それは大きな間違いです!
カップリングせず、お互い割り切った関係なら面倒ごとにもなりませんし、手早く会えてセックスできる良い関係になれます。

セックスをするだけなら、申し分はありませんし、作っていいことしかありません。
そこで、今回はセフレを作るメリットとデメリットについて詳しく紹介していきます。

この記事を読むべき人
  • セフレを作りたい人
  • セフレでいいのか迷っている人

セフレのメリット10選!

セフレを作ることで生まれるメリットについて紹介していきます。
割り切った関係でセックスができるということもあり、それ以上の発展がなければ充実したセックスライフが生まれます。

主に挙げられるメリットは、下記の10個です。

セフレを作るメリット
  1. オナニーをせずセックスで性欲を満たせる
  2. 複数人作れば好きな時にセックスできる
  3. アブノーマルなプレイも可能
  4. 風俗に行く必要がなくなる
  5. お金がかかりにくい
  6. 男性はモテるようになる
  7. セックスの経験を積み上手くなる
  8. 束縛をされることがない
  9. 友達に自慢できる
  10. 結婚を考える必要がない

これだけのメリットがあるので、作らないわけがありません。
男女ともに得することしかないので、セフレが欲しい男女はセフレは作るべきなのです。

それぞれ解説していきます。

オナニーをせずセックスで性欲を満たせる

セフレのメリットで最初に挙げておきたいのは、性欲を満たせるということです。
オナニーではなくセックスしたい時に性欲を満たせるのは、充実感が全く違います。

セックスができるというのが、セフレの最大のメリットになります。

いろいろな快感を味わうことができるのが、セックスです。
フェラ、正常位、騎乗位等すべてオナニーではできないことですからね。

また、女性を犯しているという支配欲が生まれるのもセックスの時だけでしょう。
相手がドM(関連:M女)なら尚更支配欲が生まれるので、かなりの快感が味わえます。

オナニーをしているときは、男性ホルモンであるテストステロンが過剰に分泌します。
しかし、セックスをしているときの快楽による分泌は、オナニーの数十倍といわれています。

セックスをしている瞬間は、肉体的快楽に限らず精神面でも快楽を感じることがあるからでしょう。

挿入をする前の前戯からでも、色々な充実感を感じることができるのは、セックスをしているからです。(関連:アダムタッチで大切な10個のコツを解説!【本当に女性をイかせる方法:男性必須】)

セフレを作る最大のメリットともいえるでしょう。
セックスで性欲を満たせるということは、男女ともに良いことです。

複数人作れば好きな時にセックスできる

次に紹介するメリットは、好きな時にセックスができるということです。
複数人のセフレを作れば、自分の好きなタイミングでセックスが可能です。

ムラムラするときは基本オナニーをしますが、それがセックスに変わるわけですね。

しかし、作りすぎてしまうとどの人とセックスをすればいいのか迷うこともあります。
(同じ温度差で接さないと関係を切られてしまう可能性も)

https://twitter.com/mayxteen_yamm/status/1112677335205965824

そうならないためにも、自分が対応できる範囲内で作ることが重要です。
目安で言うと、2~3人がベストです。

毎日セックスをすることができなくても、毎週セックスをすることは可能です。

3人作れば、1週間ごとに別のセフレを抱くということもできます。
セフレの人数にもよりますが、多ければ多いほど充実します。

しかし、対応することができなければ意味がないので注意しましょう。

複数人セフレを作れば、好きな時にセックスができることに変わりはないので、1人に限らずどんどん作りましょう!

ちなみに、私は現在2人のセフレがいます。
20代と30代のセフレです。

いずれも女もやりたい時もありますが、自分の都合のいい時に会うことができるので、非常に助かっています。
基本的には、1週間に1回お互いとセックスをするようにしていますね。

どちらも違うタイプの変態なので、いい感じにセックスを堪能することができます。

複数人ヤリ友を作るとこの様なメリットもあるので、利用してみることをおすすめします。

アブノーマルなプレイも可能

アブノーマルなプレイができるというのも、セフレのメリットの一つです。
恋人や嫁にそのプレイを求めてしまうと、引かれてしまうこともありますが、セフレなら気にすることなくできます。

割り切った関係ということもあり、快くアブノーマルな変態プレイを受け入れてくれる人もいるからです。
セフレ相手なら、自分の変態な部分を出せるという人も多いです。

ここにボックスタイトルを入力

これらのプレイを躊躇することなく行えるのは、セフレだからでしょう。
恋人なら、嫌われたくないと思って、中々言い出しにくいプレイですが、セフレなら問題ありません。

そもそも、セフレを作るような女性は、変態なことに変わりないので、アブノーマルプレイに抵抗はないのです。

色々な性癖を抱えている人は、その願望を叶えようと思っても叶わずに終わってしまうことが多いです。
結局、AV等を見てオナニーをして終了します。

しかし、セフレがいるだけで自分の欲望を叶えさせてくれるのであれば、作らないわけがありませんよね。

セフレに遠慮することはありませんし、自分のしたいプレイを押し付けてみると良いでしょう。

この女性は、最近セックスをしてきた女性です。
先ほど紹介した30代のセフレであり、なんと人妻です!w

アブノーマルなプレイにもこたえてくれる女性で、ネットで購入したエロランジェリーと、緊縛プレイを堪能させてくれました。

こういうプレイを求めても、特に引かれることもありませんし、私も遠慮しません。
自分が心の中に隠していた、アブノーマルな性癖を打ち明けられるのがセフレといえるでしょう。

私みたいな欲望を持っている人は、数多く存在すると思うので、叶えてもらうと良いでしょう。

風俗に行く必要がなくなる

次に、風俗に行く必要がなくなるというのもメリットの一つです。

普段はオナニーをして解消していても、女性に抜いてもらいたいということがあると思います。
そこで風俗に行ってお金を払って抜いてもらうこともあるでしょう。

しかし、一回一回の料金が高く1万円以上は見とかなければなりません。

基本的には挿入なしですが、交渉次第で挿入できるお店も存在します。
ただ、交渉したからといってタダでヤラせてくれるわけではなく、追加料金が発生してしまいます。

本来の料金に上乗せされるので、1回のセックスに数万円使うわけです。

セフレを作ってしまえば、このお金が全て浮きます。
セフレは交渉しなくても、勝手に挿入させてくれますし、お金を払う必要もありません。

費用が掛かるといったら、ホテル代でしょう。
(お互いの家でヤる分には実質タダ)

タダでセックスできるようになると、風俗に行くことが勿体なく感じてしまうことがあります。
「お金を払ってまでセックスをするのか」という考えになっている人は、今すぐセックスしたい時に即ハメ・即ヤリできるのセフレを作ることをおすすめします!

しかし、セフレはあくまでも素人なので、テクニックを求めてはいけません。
風俗嬢に比べるとテクニックは劣るので、調教などをしてセックスをうまくさせるのが腕の見せ所です!

お金がかかりにくい

セフレを作るとお金がかかりにくいというのも、メリットの一つです。
女性に使うお金が少なくなるということです。

恋人関係になると、記念日や誕生日などで何かと出費が増えてしまいます。
デート費用なども掛かるので、月に5万円以上は見ておいたほうが良いでしょう。

しかし、相手がセフレの場合はお金が一切かかりません。

「セフレは全くお金がかからない」等指南書に書かれていることがありますが、これは間違っています。

短期スパンで見るセフレなら、お金がかからないので問題ありませんが、長期スパンで考える場合下記の出費が考えられます。

長期セフレの出費
  • Hなしのデートが必要(デート費用)
  • ホテル代

長期的に関係を継続させるとなると、セックスだけでは物足りないという人もいます。
しかし、恋愛関係に発展しないと割り切っているので、デートをしたからといって恋人になることはありません。

そのため、セフレだからといって一銭もかからないというわけではないのです。

恋人に対する出費がないだけで、セフレだけにかかる出費もあるということです。

この出費は恋人にかけるお金よりも圧倒的に安く済むので、その分貯金したり別のことにお金を使えるようになります。

男性はモテるようになる

次にモテるようになるということです。

「セフレを作っている人は毛嫌いされるんじゃないの?」という質問も生まれそうですが、内面的にはそうです。

しかし、セックスをすると外見の変化が表れやすくなります。

セックスをしているときは、男性ホルモンのテストステロンやエストロゲンが過剰に分泌されるとされています。
これは共に美容効果があり、男性としての魅力を高めてくれる作用があります。

また、セックスは意外に運動量があるので、消費カロリーも高くダイエットには最適とされています。
(昔セックスダイエットというものを目にしたことがあります。)

体を動かせば、血流も良くなりますし、老廃物が出ていくのでスキンケアの効果も期待できます。

それに、セフレができれば精神的余裕も生まれるようになります。
デートの約束等を断られたとしても、寛容になれます。

男の余裕こそ男性の魅力を高めることができるので、女性を引き付けることができます。

非モテ男子よりも、遊び人のほうが女性が多く集まるのは、そういう余裕やフェロモンが出ているからです。

したがって、セフレを作ると男性はモテるようになるわけです。

セックスの経験を積み上手くなる

セフレを作ると、セックスのテクニックが向上して上手くなるというのもメリットです。
セフレがいると、色々な体位を試すことができますし、アブノーマルなプレイもできるので様々なシチュエーションを試せます。

経験を重ねていけばテクニックも上達していくので、セックスそのものを楽しめるようになるわけです。

うまくなれば、相手を気持ちよくさせることができますし、同時にそれが快感に変わり日々のセックスが満足いくものになります。

手マン(参考ページ:手マンのやり方)やクンニ等の前戯のテクニックが上がると、女性は感じやすくなり悶える姿を見ることができます。
男性は視覚からでも刺激を受けることができるとされているので、子運作用にもなります。

実際に、私がセフレを作って思ったことは、回数を重ねていけば女性のことを知れるということです。

一回のセックスで学ぶことも多いですが、ムード作りやシチュエーションを作るには長期的な関係が必須です。

本や動画等で学ぶよりも、女性の体を使って「どこが気持ちいいのか」「どうすれば感じるのか」を明確にしていけば、他の女性にも応用できるでしょう。

束縛をされることがない

束縛されることがないというのもセフレのメリットです。

彼女の場合は、何かと束縛されることがあり、それが嫌になり別れることもありますよね。
しかし、セフレなら何かを報告しなくても良いですし、誰と遊んでようが干渉してこないので安心できます。

デートの頻度も少なくてよいですし、連絡の頻度も少なくて済むので、かなり気が楽です。

恋愛関係とセフレ関係の異なる点は、精神面にもあります。

セフレ関係はお互いが割り切っているので、一定の距離感を保ち気軽な関係を継続するので精神的な負担は少ないです。

しかし、恋愛関係だと相手のことを束縛したいという気持ちが生まれるので、負担になることもあります。

それに、セフレなら別の女性とセックスをしても浮気になりませんし、複数のセフレがいても問題はありません。
(女性も複数人セフレがいることが考えられるため)

基本はセックスをするだけの関係なので、他のセフレの関係性などを聞かれることもありませんし、聞かれたとしてもスルーすればよいです。

目的は、お互いの欲求を満たすことなので、相手の事情にはそこまでこだわらないのがセフレ関係なのです。

しかし、関係を継続させるためには、マメな連絡は必須です。
1日数通のラインでもよいので、送るようにしましょう。

「義務感」からラインを送るのではなく、積極的にラインを送るとセフレとも長続きします。

友達に自慢できる

セフレを作れば、友達に自慢できるというメリットがあります。
※同性の友達のみ

基本的には、男友達に自慢すると思いますが、それがステータスになることはあります。
若い男性なら特に、セフレの数こそステータスという人も少なくありません。
※20代に限ります

特に、職場に男性しかいない人は、女性に飢えている人も多いので、セフレがいるだけである程度のマウントを取ることが可能。

しかし、条件次第という部分もあります。

  • 10~20代の男性
  • セフレができて1~2か月程度

基本的に、セフレができたことでマウントを取れるのは、20代前半まで。
それ以降は、結婚などを考えて、マイナス面に働くことも多いようです。

さらに、一緒に盛り上がってくれるのはセフレができてから、1~2か月程度。
できない人からすると、セフレができるのが嫉妬の対象になることもあります。

多めに見て、セフレを作りたいと思っているなら、一人で満足したほうがよさそうです。

結婚を考える必要がない

セフレを作れば、結婚を考える必要がないというメリットもあります。
年齢的に結婚を考えている人は、あまりセフレを作らないほうが良いと思います。

セックスをするだけの関係ということもあって、お互いが割り切っているので、恋人関係にすら発展しないのがセフレ。
相手がセフレ以上の関係を求めてきた時点で、関係を切ればよい話ですからね。

しかし、仮に相手が本気に言い寄ってきた場合は、選択の余地があります。
カップリングするのもありですし、関係性を切るものありです。

その点、彼女の場合は、最初から本気なので妊娠などしてしまったら、結婚への道が待っています。

また、タイプによって結婚を迫られるパターンが異なります。

人妻 一切迫られない、関係性が楽
女子大生 迫られない、時間の調整が利く、若い
OL 迫られる可能性が高い、現実的な人が多い

そのため、仮にセフレを作りたいと思っているなら、あまり将来を考えていないようなタイプを狙いましょう。
人妻に関しては、既に結婚しているので、不倫願望者ではない限りセフレと割り切ることが可能。

しかし、OLや一般職に就いている女性は、セフレから恋人関係を求めてきがちです。
これは、将来性を考えているということが一番の理由。

少しでも、相手が結婚やカップリングを匂わせてきたら、距離を取ると良いでしょう。

セフレのデメリット5選!

セフレを作るとメリットもありますが、デメリットも存在します。

しかし、念頭に置いてほしいのが、必ずしも生じるデメリットではないということです。
あくまでも発生する可能性があるということと思ってください。

生じるデメリット
  • 女性不信に陥りがち
  • 恋愛感情に移行してトラブルになる
  • 彼女・嫁にバレるリスク
  • 妊娠や性病のリスク
  • 結婚を考えられなくなる

主に考えられるデメリットです。

それぞれ、自分で解消することができるポイントでもあるので、事前に把握しておきましょう。

女性不信に陥りがち

まず、デメリットとして挙げられるのは女性不信になるということです。

セフレは自分の素性を隠して接してくるということもあり、一緒にいると疑ってしまうこともあります。

・行動と言動が伴わない
・ウソで自分を固めている
・ムードに流されやすい

これらの特徴を持つ女性がセフレには多いので、女性のことを信じられなくなる人も多いです。

女性によっては、セフレを多く抱えていてその中の一人にあなたがなることもあります。
「どうして自分とセックスしてるんだろう」という考えになることもあるので、尚更女性不信に陥りやすくなります。

そして、相手が彼氏持ちの場合冷める瞬間が来るのも早いです。

セフレは、恋人関係とは異なり体だけの関係なので、相手に性格を求めることはありません。
そのため、性格が悪い人でもセフレにすることもあり、女性としての悪い部分を見てしまうと失望する瞬間が訪れます。

これを解消するためには、性欲を沸かせることです。
女性の悪い部分が見えすぎると、セックスさえもできなくなることがあります。

しかし、性欲が勝てば気にせずセックスすることができます。
「女性不信に陥る→乗り越える→女好きになる」このサイクルを実践できれば、女性不信になることなくセフレと良い関係を築けます。

恋愛感情に移行してトラブルになる

セックスをすると、女性は彼女面することがあります。
セフレになりたくないと思っている女性は、尚更そう思います。

中には、恋愛関係に移行しようとひたすらアプローチをしてくることがあります。

それから、トラブルに発展するということも大いに考えられるのです。

例えば、あなたがセフレだと思っていた相手が、実はあなたに恋愛感情を抱いていた場合、直接「私ってどういう存在なの?」と聞いてくることがあります。

もちろん、「セフレだよ」と答えたいと思うのが本音ですが、関係を考えるとそうは言い切れません。

割り切って付き合わないことが、こういうトラブルを生んでしまう最大の原因になるわけです。
特に、メンヘラ気質がある女性だと、頭の中で割り切れずに恋愛感情を抱いてしまいます。

下記の女性は、私が数か月前に連絡を切った女性です。

実際に、恋愛感情を抱いたパターンですね。
当然、セフレで割り切っていたので、それ以上の関係はないと思ってブロックしました。

相手がメンヘラ気質だったということが原因であり、割り切れなかったのでしょう。

しかし、このトラブルは誰にでも起こりうるものです。
相手がしつこく言い寄ってきた場合は、その女性を切るのが一番です。

そういう意味でも、色々なセフレのストックを作っておくことがセフレ作りには重要なわけです。

彼女・嫁にバレるリスク

彼女持ちや既婚者の人は、バレるリスクがあるというのもデメリットの一つです。

セフレは何かと連絡を取ろうとしてくるので、急に電話をかけたりしてきます。
時には、毎日鬼のようにラインを送ってくる人もいます。

彼女持ちや既婚者の人にとって、こういうことをされたらたまりませんよね。

最も、そういう状況の時にセフレを作るのが問題です。
フリーになったときに、セフレを作ればこの様なリスクを考える必要はないのです。

「セフレはヤりたいときに連絡すればいい」という考えの人もいますが、これは間違っています。
ある程度連絡をしないと、別のセフレに取られてしまう可能性もあるからです。

いい温度差で連絡をすることが、関係を長続きさせるコツになります。

そのため、少しでもバレないようにするためにも、相手と連絡する時間を考えておくと良いでしょう。
同棲や結婚をしているなら、6時以降の連絡は控える等。

最近では、ラインを無通知にすることで、バレるリスクを軽減する方法もあります。

あらゆる手段で解消することができるので、バレたくない人は然るべき対策を行うと良いでしょう。

妊娠や性病のリスク

次に、妊娠や性病のリスクがあるということです。
これは、セックスをしている以上仕方ないことであり、セフレを作ったことがある人なら誰でも可能性があるデメリットです。

セフレは長期間関係を継続するといっても、離れる時は離れていきます。
離れれば別のセフレを作るわけですが、経験人数を増やすと性病にかかるリスクも高めることになります。

あくまでも可能性の話ですが、相手が性病持ちなら可能性はゼロではありません。

セフレを作る女性は、他の男性ともセックスしていますし、色々な男性関係を持っているので性病を持っている確率はあります。

これを防ぐためには、女性からの誘惑に断るということです。

「今日は生でしても大丈夫だよ」「安全な日だから大丈夫だよ」等の言葉に誘われて、生中出しをするとリスクが大いに高まります。

場合によっては、中絶費用と称して金額を請求してくる悪質なセフレもいます。
この様なトラブルに巻き込まれたら、最初に紹介した女性不信が余計に強まってしまいます。

ゴムをつけるという判断が、リスクを軽減させてくれるので、極力ゴムをつけるようにしましょう。

性病・妊娠のリスクを軽減できるだけではなく、長期的な安心できる関係を作れます。

危ないと感じた場合は、すぐに関係を切ることをおすすめします!

結婚を考えられなくなる

これは、セフレを作る最大のデメリットといえるでしょう。
セフレを作ると、結婚を考えられなくなり婚期を見逃してしまう可能性があります。

セフレを作ると、あらゆるトラブルに巻き込まれることもありますし、女性不信に陥ることもあります。
そのため、結婚意識が低下して結婚について前向きに考えられなくなるケースも多いのです。

セフレの場合は、何も考えずに自由にやれるので、その環境に慣れてしまうと恋愛関係が窮屈に感じてしまう人も多いです。

仮に、結婚を考えるならセフレ関係からそのまま恋愛関係に移行して結婚するのが最も早い手段です。

一度セックスをすると、恋愛感情を抱きやすくなりますし、めんどくささを感じない限りは長続きします。
しかし、一度関係を割り切っているという事実があるので、付き合っていくのは非常に難しいです。

人によりますが、セフレを作っていると落ち着きたい時期が訪れます。
20代後半になると、結婚を意識し始めてセフレを作るのをやめるようになるでしょう。

結局は自分の意識次第ということです。
何もしないよりも行動したほうが良いので、男性としての魅力を高めるためにも、遊びたいときに遊ぶようにしましょう。

セフレを継続させる為の4つの方法

セフレのメリットやデメリットについて解説しましたが、関係性を続けないことには意味がありません。

ワンナイトで終わるのもありですが、セフレになれば定期的に会うことができますし、手間がかかりません。
一度関係を切れば、新しく作るまでに時間がかかりますからね。

そうならないためにも、継続するための方法を意識しておきたいものです。

  1. 恋人・恋愛感情を抱かない
  2. 定期的なデートをする
  3. 関係に深追いをしない
  4. 他人に関係性を告げない

これらを意識すれば、問題なく関係性を維持することが可能です。
少しでも、セフレと関係を長続きさせたい人は、しっかり意識すると良いでしょう。

恋人・恋愛感情を抱かない

まず、セフレ関係を続けたいなら、一切の恋愛感情を抱かないこと。
女性に多いですが、一度セックスをしただけで本気になる人がいます。

最初は、セフレとして割り切っていたはずなのに、関係が継続するたびに本気になるというパターンはよくあります。

こうなると、セフレを続けることは難しくなるので、あまりおすすめしません。
男性も同じで、セックスをして優しさを感じただけで惚れてしまうこともあるようです。

恋愛感情を抱けば、その時点で破綻してしまうので、要注意。
しかし、お互いが本気の場合にのみ関係は続きます。

一方がセフレとして割り切っている場合は、間違いなく関係が微妙になり破綻してしまうでしょう。
少しでも、セフレとして関係を割り切りたいと思っているなら、セフレ以上を求めてきた段階で、関係を切ると良いでしょう。

定期的なデートをする

きっかけにもよりますが、出会い系アプリなどでセフレを作った場合は、定期的なデートも心掛けましょう。

相手が、「ヤリたいときに連絡して」というタイプであれば、問題ありませんが、それ以外は定期的なデートが必要。

会ってセックスだけをする関係に、女性は飽き飽きしてしまうことがあります。
女性次第というところですが、エッチなしのデート日を設けることも、関係性を続ける上では非常に重要です。

お互いの自宅に出向いて、普通に遊んだりするのも関係を続ける上では重要なこと。
ご飯だけに誘うのもありですし、たまにはエッチをしない日を設けてみると良いでしょう。

セフレを継続させる上で、セックスの相性を重要視する人もいるみたいですが、そこまで関係ありません。
重要なのは、お互いがセックスをして落ち着けるかということ。

恋人ではありませんが、一緒にいて落ち着ける人であれば、セフレとして関係が継続します。

ヤリたいときに連絡するのも重要ですが、たまには女性主導でさせたいことをさせるのが重要です。

関係に深追いをしない

次に、関係性に関してです。
女性がしがちですが、「今の関係ってどういう関係なの?」と聞いてくることがあります。

セフレといってしまえばそれまでですが、それで満足しないのがセフレです。
言い寄ってきた場合は、その時点で関係を切らないと面倒なことになります。

さらに、あくまでも関係はセフレなので、それ以上の関係を求めないためにも、束縛をするのは控えましょう。

稀に、お互いの関係性に束縛する人もいるみたいですが、束縛した時点で関係は破綻するといっても良いでしょう。

男女の交友関係もそうですが、セフレである以上関係に深追いしないようにしないと、セフレ関係は長続きしません。

関係性を続けたいなら「もうセフレ作るのは一人だけでいい」と、特別感を出してあげると良いでしょう。
お互いセフレを作っている立場で、自分が特別な存在となると、それだけでうれしいもの。

それに、自分だけがセフレとして確立しているなら、ということもあり返報性の原理が働きます。
相手も、今までいたセフレを切ってくれる可能性があるので、非常に効果的な方法です。

他人に関係性を告げない

最後に、関係性に関してです。
これは、セフレに共通の知り合いがいた場合に限ります。

男性は特に気にしませんが、女性は周りの人からセフレ関係を結んでいることがバレるのを、酷く嫌います。

そのため、共通の知り合いがいるような学校や職場のセフレの場合は、他人に関係性を告げないようにしましょう。
口外した時点で、様々な人に関係性がバレてしまいます。

男女問わず、知り合いにセフレがいることがバレてしまったら、とラブルにしかなりません。
さらに、地元でセフレを作ってしまうと、二人でいるとこを目撃される可能性もあります。

その際に、「○○とどういう関係なの?」と聞かれることもあるでしょう。
言い逃れができない状況になるので、セフレと会う場合は、知り合いに見つからないような場所をチョイスすることが重要です。

パートナーがいて、セフレを作る場合は尚更、バレてしまうと死活問題になりますし、余計にバレないように行動することが重要です。

セフレのメリット・デメリットまとめ

セフレを作るメリットデメリットについて解説しましたが、いかがでしたか?

メリットのほうが圧倒的に多く、デメリットは可能性があるだけで、人によってはデメリットにならない人もいます。

セフレを作れば、男性としての魅力を高めることができますし、セックスが上手くなるということを考えると、いい所尽くしです。

金銭負担も彼女を作っているときよりも圧倒的に少ないので、別の趣味や貯金に回すことができます。

作って損することはありませんし、性欲も満たすことができます。

迷っている人は、一度行動してから考えてみましょう。
セフレができた時点でマインドもチェンジします。

セフレ作りで最も私がおすすめするのは、「ハッピーメール」です。

ハッピーメールのユーザー層は、圧倒的に若い女性が多いです。
約80%以上が20代という若年層がメインで登録している出会い系サイトです。

フットワークが軽い女子大生や、セフレを求めているOL等ヤりやすい環境が整っており、セフレつくりには最適です。

アクティブな人が多く、出会い系サイトの中ではアクティブ率も非常に高いので、初心者でも十分使えます。

少しでも気になるなら、登録から始めてみると良いでしょう。

 

人気ランキング【最新版】

※全てお試しポイント付きだから、複数同時進行&2000円程度課金が早い!(女性は完全無料)※登録時の年齢確認は、免許証の住所・指名・写真は隠してOKです。

1位
ミントC!Jメール
●総評:★★★★★
●コスパ:★★★★☆
●今すぐ会える掲示板が人気
●素人・初心者が出会えている
●20~30代に人気
ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>
2位
PCMAX
●総評:★★★★★
●コスパ:★★★★☆
●裏プロフが人気
●大学生・ギャルが多い
●即日出会い募集が多い
PCMAXを試してみる(18禁) >>
3位
ワクワクメール
●総評:★★★★☆
●コスパ:★★★★★
●浮気がばれない仕組み
●熟女・人妻ともやれる
●エロ目的で使いやすい
ワクワクメールを試してみる(18禁) >>
4位
ハッピーメール
●総評:★★★★☆
●コスパ:★★★★★
●マッチング率が高い
●近所・近場で会える
●掲示板に活気がある
ハッピーメールを試してみる(18禁) >>
5位
イククル
●総評:★★★☆☆
●コスパ:★★★★☆
●割り切り募集してる
●中高年にも人気
●社会人が多い
イククルを試してみる(18禁) >>


ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>

 

・ランキングへ戻る >>出会い系アプリランキング
おすすめ記事